■プロフィール

Author:ecolonia

グリーンライフスタイルを模索している「ecolonia(エコロニア)」です。
エコな生活が普通の生活になるには、人間のどのような気持ちや本質が必要なのか思考していくblogです。


ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いします。↓

■最近の記事
■カテゴリー
■魂に香を焚くかのようなリンク
■最近のコメント
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加してます。よろしければクリックしてください
スポンサー広告 | --:--:--
温室効果ガス排出半減ではなく8割減を目指す
2050年までに温室効果ガスを半減ではなく8割削減ぐらいにしないと、この地球気候変動は止められないと思っています。
8割ぐらい削減する目標をもって取り組めば、ライフスタイルや経済モデルの変革が達成できるのではないでしょうか。

記事全文


 世界の平均気温は1990年に比べて今世紀末に最悪6・4度上昇するが、温室効果ガスの排出量を2050年までに現状から半減させれば、2度程度まで抑えられ、地球温暖化による重大な被害を回避することができるとした「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第4次統合報告書の最終案が17日、明らかになった。

 日本などが提唱している長期的な半減目標をノーベル平和賞の受賞が決まった科学者組織が支持し、京都議定書に定めがない2013年以降の枠組み「ポスト京都」に向けた目安を示した形。ただ、実現のためには、最短では今後10年以内に、増え続ける温室効果ガス排出量を減少に向かわせなければならず、早急な対策が急務となる。

 IPCCは、11月にスペインでの総会で報告書を採択。12月、インドネシア・バリ島での気候変動枠組み条約の締約国会議に報告する。この内容がポスト京都の今後の交渉に大きな影響を与えることになる。

 統合報告書案でIPCCは、今後の社会の変化や対策の進捗(しんちょく)状況に応じて、今世紀末の世界の平均気温は90年比で1・1度から6・4度の幅で上昇すると予測。

 1・5-2・5度の温度上昇で生物種の20-30%で絶滅の危険性が高まるほか、洪水や台風による被害が増え始め、3度を超えると水不足にさらされる人口が現在より数億人増加。熱波や干魃(かんばつ)による病人や死者の数が増えるなど被害が目立って大きくなると予測した。

 一方、IPCCは、今後の大気中の二酸化炭素(CO2)濃度を6つのシナリオに分けて試算。05年時点で379ppmだった大気中のCO2濃度を、最も条件の厳しい400ppm以下に抑え込むことができれば、気温上昇は産業革命前に比べて2-2・4度程度にとどまり、温暖化の被害を目立って小さくできるとした。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/91592/

スポンサーサイト


テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

↓ブログランキングに参加してます。よろしければクリックしてください
気になるニュース(環境ニュース) | 23:40:13 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

温室効果ガス 2007/10/12~10/18
温室効果ガスについての最近の情報です。 2007-10-19 Fri 06:40:46 | 最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第十一倉庫 サイエンス・オカルト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。